お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

人の欲望により過去に苦境にたたされた花々

都市開発や工業化による大気汚染により絶滅に瀕する動植物は多いものの、ここでは、過去に人の欲望により苦境にたたされた春の花を取り上げる。

|シュンラン(ラン科)

出典:http://www.hana300.com/syunra.html

原産地は、日本や中国、韓国。名のごとく春に花を開花させる。アジアに広く自生しているため西洋のシンビデューム等と区別するため東洋ランといわれている。昭和40年代、葉形が似ており、高価で取引されていたカンランと間違われ、素人が乱獲された経験をもつ。本来は、葉縁の鋸歯の有無で区別できる。カンランに比べ花形はややポッチャリしているが、香りは品がいい。西洋ランほど華やかではない。

|カタクリ(ユリ科)

出典:http://www.hana300.com/kataku.html

原産地は、日本、朝鮮半島、サハリン。漢字では片栗と表記され、文字通り片栗粉の原料。現在は、ジャガイモのデンプンが利用されている。ギフチョウが好む花であり、紅紫色が主流だがたまに白色もみかける。独特の色合いを好む収集家により乱獲の被害経験あり。種子から開花まで七年かかるとされ、大切にしたい花である。

|レンゲ(マメ科)

出典:http://www.hana300.com/renges1.html

原産地は中国。 花色は、赤と白との混在。特に、九州地域では、早期米のせいで最近は見くなった花。以前は、緑肥として活用されていた。牛の飼料にも使われていたと思う。最近は、蜂蜜のみつ源とされている。小さい頃、首飾りを作った記憶のある方もいるのでは。

|まとめ

ランやユリ科の植物は、人工的な培地で再生できる技術が確立したとは言え、一時期のブームによる乱獲行為は、戦争同様、人が恥ずべき行動であり、大いに反省すべきであると考える。