お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

世界に通用する可能性ありの花々

世界中のありとあらゆる食材が国内に輸入され久しいが、最近は日本特有の食材を海外へ輸出する動きもある。大半は国内でも人気ある商品であるが、ここでは日本人もあまり気づいていない有望食材を紹介する。

|キーワードは「アジア」

出典:http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/monocotyledoneae/liliaceae/nobiru/nobiru2.htm

ここで紹介するノビルとサンシュウはともに日本にも自生し、原産地が中国や韓国となる。日本以外の原産地では日本的な利用がされていない点が注目される。

|ノビル(ユリ科)

出典:http://www.hana300.com/nobiru.html

原産地は、日本、中国とも言われ広く東アジアに分布する。地下に形成される鱗茎は、知る人ぞ知る美味である。タマネギほど辛みはない。栄養価も高いようでビタミンAやC,カリウム、カルシウムも含むとか。
応仁天皇は、古事記にて「いざ子ども野蒜摘みに、蒜摘みに」と歌っているように古くから国内に自生する花。つぼみは、くちばし状に細くとがっており、花色は白。花弁の先端が紫がかっている。

|サンショウ(ミカン科サンショウ属)

出典:http://www.hana300.com/sansyo1.html

原産地は中国や日本。開花は4月~5月。花色は黄色、ミカンの花に似ている。国内に広く分布。古くから香辛料として利用されている。魏志倭人伝にも記されており、西洋の胡椒に負けない、アジア的(神秘的)な香辛料のため、西洋に輸出するればヒット間違いないと考える。

|まとめ

大企業や行政の支援もあり、寿司用のコメやわさびやリンゴ、ナシなど国内でもメジャーな食材が輸出されるなか、日本人自身も気づいていない新たな小さな食材に注目していくことも、心豊かな国づくりには大切なことかもしれない。