お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春を代表するスター選手 「ナノハナ(アブラナ科)」

サクラやウメとは風情を異にするが、春風になびき、モンシロチョウが舞っているナノハナ畑は、日本の原風景を思わせる。

|ナノハナとアブラナ

原産は、地中海。花色は一般的に黄色。白や紫もある。もともとナノハナは、油を採るアブラナ。現在は、野沢菜や白菜の花が一般的である。

|「坊っちゃん」が好んだ花

「菜の花の遥かに黄なり筑後川」とは夏目漱石が、久留米市の高良大社を参拝した後に詠んだ句と言われている。
この句を詠んだのが漱石30歳のときであり、その後、松山中学に赴任し、その経験を生かし代表作「坊っちゃん」を十年後に書きあげる。「漱石の道」には今もナノハナが咲きほころぶ。

|ここで穴場をご紹介

食しても美味のナノハナだが、ナノハナ祭りを地域おこしとして取組んでいる自治体も多い。全国的に知られていない穴場として、宮崎県の西都市がお勧め。毎年30万本の菜の花が2千本の桜の花と同時に春を彩り、黄色とピンクのコンストラスとが美しい。標高70m前後と小高い場所にあるため、春のそよかぜと、国内最大級数の古墳が、古き良き時代の日本を思わせる。

|まとめ

同じアブラナ科であるダイコンやキャベツなども、収穫せずに放置しておくと、徒長してナノハナを咲かせるが、大して美しさを感じないのは人の勝手か。
もともと、食用(油用)として栽培されていたものが、観賞用に転化した成功事例がナノハナだと著者は思う。