お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

花ビジネスの最初のバブル期を経験したチューリップ(ユリ科)

春の代表花。日本では童謡でも歌われる。「赤、白、黄色、どの花みても・・・・」という歌詞のように多様性があり美しい花だか、昔は投機商品だったとか。

|原産地はオランダではあらず

原産地は、トルコ。今や日本でも春の代表花。
江戸時代後期に紹介されるが、ブームとはならず。西洋文化が開花した大正時代より国内に広まる。

|鶏が先か、卵が先か

花色は青以外は全て存在する多様性を持ち、チューリップ相場を下支えしていたのも頷ける。
遺伝的に多様性に富んでいるため先物商品となったのか。それとも先物商品となったため多様性を生んだのか?
17世紀前半、オランダで熱狂的に好まれ、珍しい球根が高値で取引され、いずれバブルがはじける。
ちなみに、研究者により青に近い花色はだせているようだが、バラのようにはいかないらしい。

|国内の産地は

食用としても活用されているようで、球根はたんぱく質に富み、オランダでは食用花としても。
近年では、長崎のハウステンボスのチューリップ村が有名だが、富山県の砺波市も古くから栽培に熱心である。

|まとめ

先物取引の商品として、堂島のコメ取引も有名だが、オランダでも同じ時期にチューリップを投機目的としていたのは、単なる偶然か。
両者とも、貯蔵性に優れる果実(稲)と球根という特性を持つ。いつまでも品質の劣化が遅く、多様性をもつ商品は生き残るということか。