お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

世界中に分布し生命力あふれる雑草花

日本国内だけでなく、世界中に分布し、脈々と子孫を残し反映している雑草たちの中から、特に、小さく愛らしい花を咲かせる3つの花を紹介する。

|スミレ(スミレ科)

出典:http://www.hana300.com/sumire.html

原産地は日本及び東北アジア。スミレは総称名であり、多数の種が存在する。スミレは一種のみである。花色は濃い紫。国内にも広く分布しており、中山間地域から都市部のアスファルトの割れ目から芽を出していることも。著者は、都会のオアシスのように感じていた。万葉集にも山部赤人が歌として詠んでいる。

|カタバミ(カタバミ科)

出典:http://minhana.net/wiki/view/661/contents:picture_zoom

世界中の至る所に生えている、やっかいな雑草だが、黄色系の花は以外にかわいらしさをのぞかせる。原産地は不明であり、史前帰化植物である。クローバ同様、四葉、六葉といった多葉変異体が発生する。葉は取れやすく根が残り、果実は細長く強くねじれており、細かい種子を弾き飛ばすため生命力たくましい。

|ナズナ(アブラナ科)

出典:http://www.hana300.com/nazuna.html

別名ペンペングサ。果実の形が三味線のバチに似ており、その擬音から命名されたとか。室町時代から七草のひとつとなる。民間薬としても利用されていた。花色は、白色。無制限に開花し、果実をつける様は生命力の表れ。

|まとめ

サクラやウメなどの春を彩るスターの花々と違い、誰にも期待されずに、ひっそりと暮らす雑草花に思いを寄せる時間も今の世は大切かもしれない。時に立ち止まってじっくり観察してみるのはいかが。