お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

日本を彩る花の一つです ツバキ(ツバキ科)

江戸時代、各藩が競って育種に精をだしたといわれるツバキ。その中でも存在感をひときわ放つツバキがオトメツバキである。

|日本が原産地

出典:http://www.ffpri-kys.affrc.go.jp/tatuta/jumoku/kmt121.htm

 

ツバキはもともと花色や花形、大きさともに多種多様。オトメツバキは大輪であり、鮮やかな桃色の花色で、一見八重咲きに見えるが、雄しべのない千重咲きに区別される。

|サザンカとの違い

著者も時々間違えるが、ツバキとサザンカとの区別は、花弁が個々に散るか、散らないかだそうで、葉柄に毛があるかないかだという。

|意外と知られていない用途

ツバキの実から油がとれることは知られているが、ツバキからできた木炭は上質であり、さらに木灰は日本酒の醸造用に利用されている。

|まとめ

バラの多様性を世界中の育種家や園芸家が称賛し続けているが、Made in Japanのツバキは決して引けを取らない。
ただ、がくと雄しべのみ残して丸ごと花が落ちるツバキは、俳句の世界で落椿といわれ、首が落ちることを連想させるようで、サクラと違い散り際が評価されないためか。