お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春を代表するスター選手 「ウメ(バラ科)」

サクラの開花前に先立ち春を感じさせるウメの花。
サクラほど鮮やかさは感じられないが、寒さ残る季節に凛として咲かせるウメはいとおしい。

|国内にも固有種があったかも

原産地は、中国の湖北省や四川省。台湾や日本国内(大分県、宮崎県)との説明ある。
梅干しは漢方薬として中国からの伝来なので、原産地は中国と考えるのが無難。

|ウメの呼び名は、昔もウメ

ウメの呼び名は1000年以上前から同じとか。それほど日本人にはなじみ深い花と言える。
花色は白またはピンクから赤まで多彩だが、モモやサクラに比べ控え目な印象を持つ。理由は、花芽の数が一節の一個と少ないためとか。

|ウメの名所と因縁

ウメの名所は各地にみられ茨城県水戸市の偕楽園には約3千本のウメがある。金沢市の兼六園、岡山市の後楽園とならび、日本三大名園のひとつとなる。徳川幕府第8代将軍の徳川吉宗は、紀州藩時代、ウメの栽培(梅干づくり)に尽力したというが、偕楽園を創設した第九代家斉は、その影響を受けたのかもしれない。紀州の南高梅は、梅干の一大ブランド。

|まとめ

サクラのサクランボと違い、ウメの果実はご存知のように日本人の食卓に欠かせないものとなっている。
梅干選手権なるコンペも開催されているようで、高いものだと一個千円以上もするらしい。ウメは、食しても良し、観ても良し。