お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

公園に行こう【松ぼっくり編】

子供の頃から慣れ親しんできた松ぼっくり。自然の中では、あまり見かけなくなりました。しかし最近では色々な種類の松ぼっくりが簡単に購入出来るようになったため、アレンジメントやリースなどに良く使われ飾られた松ぼっくりを頻繁に見かけるようになりました。存在感のある”松ぼっくり”。どんな松にどんな松ぼっくりができるのでしょうか。いくつかご紹介します。

|アカマツ

松ぼっくり

出典:http://www.photolibrary.jp/img1/35_645.html

常緑高木針葉樹。実は4〜5cmでやや小さめ。樹皮が赤褐色で新芽が赤っぽくなるため、その色の通り”アカマツ(赤松)”です。一番身近な松ぼっくりと言えます。アカマツは雌松と呼ばれ、その葉は細目で柔らかいため、 枝は庭木や正月用松飾に使われます。葉の1つ1つは細い針状で2本ペアになっているので、散るときも落ち葉はV字形になります。アカマツ林には松茸が生えます。
〜拾える場所〜
公園・山・森林・寺など

|クロマツ

松ぼっくり

出典:http://www.photolibrary.jp/img65/16063_190162.html

海岸沿いを中心に自生します。実は4〜6cm(アカマツより一回り大きめ)。幹が黒っぽいところから”クロマツ(黒松)”。アカマツが雌松に対してクロマツは雄松と呼ばれ、葉は太く尖っていて触ると痛く、荒々しい感じがします。枝は、門松に用いられます。
〜拾える場所〜
汚染と塩害に強い事から、海岸(暴潮林として)・道端(街路樹として)。その他、神社・寺(御神木)など。

|ヒマラヤスギ

松ぼっくり

出典:http://www.photolibrary.jp/img6/309_10012.html

名前の通り、ヒマラヤ山脈が原産。実は長さ6~13cmの卵形で、先端がバラの花のようで美しくなるためドライフラワーとして利用されます。園芸用の飾り木としても人気があります。高さは40-50m(時には60m)にもなるため日本でも公園などのシンボルとして植えられている事もあります。
〜拾える場所〜
広い公園・山。(東京都の谷中に、ヒマラヤスギがパワースポットとして注目を集めている場所があるようです)

|トウヒ(ドイツトウヒ・オウシュウトウヒ・ヨーロッパトウヒ)

松ぼっくり

出典:http://pixabay.com/ja/松ぼっくり-タップ-木-針葉樹-一般的なスプルース無垢材-54234/

ヨーロッパ原産の常緑針葉高木。ドイツに多く、有名なシュヴァルツヴァルト(黒森)の大半がこの木であることは有名です。実は、長さ15cmになることも。アレンジメントに人気の松ぼっくりです。日本でも公園に植えられています。木はクリスマスツリーとして使用されます。
〜拾える場所〜
寒冷地(北海道)・南アルプスの八ヶ岳(ヤツガタケトウヒ)

|まとめ

松ぼっくりには「雨の日は閉じて、晴れた日には開く」という性質があります。雨の日、松ぼっくりを外に出しておくと固く閉じてしまい、晴れると次第に開いていきます。そのような性質を持っている理由は、間に挟まっている種を遠くまで飛ばすためで、乾燥して軽くなった種を遠くまで飛ばして、子孫をどんどん増やしていきます。開いた松ぼっくりをのぞくと、平べったい種が沢山見えます。遠くまで飛べるように、種には薄い羽根がついています。
公園、神社、森林、海岸に行ったら、まず松の木を探してみましょう。季節に関係無く、風の強い日に落下しています。強風の次の日が大量に拾えるチャンスです。