お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

葉牡丹の春

冬のガーデニングでは主役級の「葉牡丹」。特にお正月などのお祝いの生花にも活躍します。葉牡丹は、キャベツの仲間の植物で、紅・クリーム・白・ピンクなど葉っぱの色が鮮やかに色づき、葉の形が牡丹に似ていることから「葉牡丹」と名付けられたそうです。
今回は、春〜の葉牡丹の姿をご紹介します。

|虫食いに注意

虫たちが元気に活動を始める春〜夏、葉ボタンはどんどん食べられてしまいます。キャベツの仲間なので、害虫が付きやすいのが難点。
アブラムシは、小まめに潰していく。青虫はネットをかけるなどの対策が必要です。青虫はとても大食いなので、放っておくとあっという間に株を食べ尽くされてしまいます。

|花を楽しむ

暖かくなるとニョキニョキと “トウ” と呼ばれる花茎を伸ばします。その先に菜の花に似た花を咲かせます。家庭園芸では、この花をナノハナとして楽しむことが出来ます。黄色の可愛らしい花も、葉牡丹の楽しみの一つです。

|踊り葉牡丹を楽しむ

4月の中頃、その花が完全に終わったら、花下で切り戻してあげましょう。
5月の中頃には、わき芽が伸び始めます。この新芽の先に再び葉牡丹ができ、くねくねと踊っているような独特な草姿の踊り葉牡丹が出来上がります。地に開く葉牡丹と違い、躍動感のある踊り葉牡丹の姿もまた楽しみの一つです。
切り戻しとは:伸びすぎた枝や茎を切り取って、株を短くすることを言います。

|まとめ

葉牡丹は、アブラナ科アブラナ属の多年草です。
葉牡丹の原種は、ワイルド・キャベツと呼ばれるブラッシカ・オレラケア種(ヤセイカンラン:Brassica oleracea)で、南ヨーロッパから西ヨーロッパの地中海沿岸地域を中心に分布しています。
1年通して楽しめる「葉牡丹」。今年は種を採取してみましょう。
葉牡丹の種類については下記のサイトをご覧ください。
http://column.seika.bz/archives/1244