お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春の訪れを告げるフキノトウ③

春一番の山菜として人気のフキノトウ。シリーズ「春の訪れを告げるフキノトウ」の3回目は、食材としてのフキノトウについてお話ししていきたいと思います。独特の香りと苦味、食感。食べるならやっぱり天ぷら、味噌和えやおひたし等々、たくさんの声が聞こえてきそうですが、いかがでしょうか。

|花の開かないつぼみを選べ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/991479?title=ふきのとう

フキノトウを自分で取る場合は、まだ花が開かないつぼみの状態のものを選びましょう。触って硬く締まりがあり、地面から顔を出して間もないくらいがベストです。大きくなって花も開いたものは、苦味が強くなってしまうのでオススメできません。

|新陳代謝と食欲増進効果

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1472547?title=ふきのとう

フキノトウの苦味は、新陳代謝を活発にする働きがあります。冬眠から目覚めた熊が、まず最初に食べるのがフキノトウなのだとか。また香りは食欲を増進させ、消化を助ける働きがあります。フキノトウは、フキよりもミネラルやビタミンなどの栄養価が高く、カリウムやビタミンE、ポリフェノールなどが豊富です。

|おひたしなどはアク抜きを

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/925198?title=ふきのとう天ぷら%203

独特の苦味が魅力のフキノトウですが、どうしてもその苦味が苦手という人もいらっしゃるかと思います。そんな時は、塩を加えた熱湯で茹でたら、しばらく冷水にさらすと、アクが抜けて苦味が和らぎます。おひたしのなどはアク抜きが必要ですが、天ぷらはそのままでも大丈夫。ほのかな苦味と香りを是非堪能して下さい。

|まとめ

「春には苦味を盛れ」と言われるように、春の山菜の苦味には、冬の間に体に蓄積された脂肪や老廃物を排出する働きがあります。これは山菜のもつポリフェノールやミネラルの働きによるもの。そんな山菜の中でもフキノトウは、先陣を切る存在なのです。