お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

知って得するリンゴ豆知識⑤

リンゴを食べる時、誰もが一度は気になるのが「どうして時間がたつと茶色くなるの?」ということだと思います。美味しそうなリンゴが変色してしまうと、味が変わったわけではないのに、食べる気がしなくなってしまうもの。「知って得するリンゴ豆知識」の最終回は、リンゴの変色の正体についてせまってみたいと思います。

|変色はポリフェノールによる酸化

出典:https://www.photolibrary.jp/img370/203754_3444061.html

リンゴが変色するのは、リンゴに含まれる物質によるもの。「ポリフェノール」という物質が、空気中の酸素と結合して茶色になるのです。物質が酸素と結合する「酸化」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。リンゴの変色は「酸化」によるものなのです。

|ポリフェノールの量で変色しやすさが変わる

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1976434?title=皮をむいたリンゴ%E3%80%80皮むき%E3%80%80ピーリング

変色する果物はリンゴだけではありません。アボカドやモモ、バナナも茶色になりますね。またゴボウやレンコン、ジャガイモなどの野菜の変色も、ポリフェノールの酸化によるものなのです。このポリフェノールは、ほとんどの植物に含まれていますが、含まれている量が多いと変色しやすいということになります。

|酸素との結合を阻止して変色防止

出典:https://www.photolibrary.jp/img198/139268_1311596.html

リンゴの変色を防ぐ方法は塩水につけるというのが一般的ですが、これはナトリウムがリンゴに膜を作ることで、酸素との結びつきを防ぐからです。塩水の他にもレモン水につけたり、ハチミツ水、砂糖水でも効果があるようです。最近は変色しないリンゴの品種も開発されたり、皮をむいてカットされたリンゴが販売されていたり、様々な技術の進歩でリンゴの開発が進んでいます。

|まとめ

変色の原因であるポリフェノールは、生活習慣病の予防やガンの予防の効果が期待されると言われています。食物繊維も豊富ですし、リンゴに含まれるカリウムはナトリウムを排出する作用があるので、高血圧予防にも効果があります。1日1個で医者いらずといわれるリンゴ。体に嬉しい今が旬の果物です。