お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

二十四節気【1月】

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
二十四節気と1月の花をご紹介します。「二十四節気(にじゅうしせっき)」とは、太陰暦を使用していた時代に季節を現すための工夫として考え出されたもの。黄道(太陽が移動する天球上の道)を24等分し、その区切りと区切られた期間につけられた名前を言います。

|南天

中国や日本が原産の常緑低木で、1~3mほどにまで生長します。夏に咲いた白い花は徐々に赤色になり、冬になると真っ赤な果実を実らせます。
南天は「難転=難を転ずる」という意味合いから、縁起の良い木として古くから庭木として親しまれています。また「ナンテニン(アルカロイド)」を含む実は漢方薬として咳などの症状に効くとされ、のど飴として販売されています。
花言葉:『私の愛は増すばかり』『機知に富む』『福をなす』『よい家庭』

|5日ごろ「小寒(しょうかん)」

「寒の入り」といい、寒さの始まりを意味します。小寒と大寒を合わせたおよそ1か月を「寒中」「寒の内」といい、寒中見舞いを出す時期とされています。
寒さはこれからが本番。池や川の氷も厚みをます頃です。

|20日ごろ「大寒(だいかん)」

二十四節気の最後の節気で、冷え込みもはげしく、寒さが最も厳しい頃。
寒気を利用した食物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込む時期にもあたります。
逆の見方をすれば、これからは暖かくなると言うこと!春はもう目前です。

|まとめ

この「二十四節気」は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれ6つに分けられています。
1月〜2月は寒さがもっとも厳しくなります。植物の防寒を改めて確認しましょう。
新しい1年のスタート。今年の目標・計画はもう立てましたか?