お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

12月の日本の花

日本の花の印象はどこか奥ゆかしさを秘めています。美しい日本の花々は

、日本の花と人々の文化には、古くより密接な関わりがありました。平安時代には日本の花についての、多くの和歌や詩が詠まれています

|学問や芸術のシンボル、梅

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

古くより梅は多くの人々に愛されてきました。今でこそ、日本の花と言えば桜の花を連想する人が多いですが、奈良時代の頃までは花と言えば多くの人々がを指すほど人気の花でした。
学問の神である菅原道真もこの花を愛したことから、学問や芸能の象徴とされており、今でも様々なシンボルに活用されています。

|天皇の紋章にも利用されている菊

 

出典:http://garden-vision.net

出典:http://garden-vision.net

菊は、桜と共に日本を代表する花のひとつです。元々日本には野菊は自生していても、今見る園芸用の菊は自生していませんでした。

日本へは奈良時代から平安時代頃に渡ってきたのです。

鎌倉時代には後鳥羽上皇が菊の紋章を用い始め、今では「菊の御紋」は天皇と皇室を表す紋章として有名なのです

|海外でも人気の椿

出典:https://tenki.jp

出典:https://tenki.jp

その可憐な姿は海外でとても人気が高く「日本のバラ」と呼ばれ、親しまれています。

この花をモチーフにした作品として、アレクサンドル・デュマ・フィスの書いた、長編小説の「椿姫」が世界中でヒットしたのをきっかけに、椿は世界で愛される花になりました。

|紫の花が美しい藤

出典:https://pixabay.com/ja

出典:https://pixabay.com/ja

12月には花は付けませんが、紫色の花が美しい藤も古くから人々に親しまれており、数多くの俳句や絵画が残されている日本の花のひとつです。

そんな藤は女性に、松を男性に例えられることが多く、花言葉も「優しさ」「歓迎」「決して離れない」「恋に酔う」など女性を思わせるものが多いのが特徴があります。

|まとめ

色彩豊かで賑やかな海外の花々と違い、凛とした趣の美しさのある日本の花はここで紹介した以外にもまだまだ沢山あります。今まで気づかなかった日本の花の良さを芸術や文化から再発見できるかもしれません。