お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

別名でたどる冬の花③〜冬知らず〜

「冬知らず」という名前から、みなさんはどんな花を思い浮かべるでしょうか。冬の寒さにも負けず咲き続け、見ているだけで元気が湧いてくる。花の少ない時期に明るく彩ってくれる存在かもしれません。「別名でたどる冬の花」の3回目は「冬知らず」と呼ばれる花です。

|花の少ない冬に咲き始める

出典:https://www.photolibrary.jp/img77/18679_232662.html

キンセンカといえば、オレンジや黄の鮮やかな色が印象的な花。切り花として使われることが多く、仏壇やお墓のお供えとしておなじみかもしれません。キンセンカの花の時期は3月から5月で、冬とは関係ないような気がしますが、12月から咲き始め、冬の間咲き続ける品種があるのです。ちょうど今の時期に咲き始めるのが、ホンキンセンカという品種。花の少ない季節に元気に咲く様子から「冬知らず」と呼ばれているのです。

|鮮やかな花色は冬に貴重な存在

出典:https://www.photolibrary.jp/img274/40725_2277836.html

キンセンカはヨーロッパ原産、キク科の一年草です。春咲きのキンセンカは花の大きさが3㎝から10㎝ありますが、ホンキンセンカは2㎝程度と小さく、次々と花を咲かせていきます。株は横に広がるので、冬の花壇も華やかに彩ってくれます。オレンジ色や黄色の花は春や夏に多いもの。冬には貴重な存在です。

|学名はカレンダーの語源

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1497140?title=ふゆしらず

キンセンカは漢字で書くと「金盞花」。金の盃を意味しており、盃のような花の形に由来しています。また学名を「Calendula(カレンデュラ)」といいますが、これは暦のカレンダーの語源となったもの。花を楽しむ時期が長く、どの月も花が咲くという様子からきているといわれています。

|まとめ

キンセンカの暖かなオレンジ色は、寒い季節に元気を与えてくれます。丈夫で育てやすく、一度植えればこぼれ種で翌年も花を咲かせることもあります。これからますます寒さは増していきますが、私たち人間もキンセンカのように冬知らずで、元気に過ごしたいものですね。