お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

別名でたどる冬の花②〜初雪起こし〜

別名でたどる冬の花の2回目。今回は「初雪起こし」です。うっすらと積もった雪の中で、咲き誇る様子がうかがえるこの名前。茶道に関わっている人であればご存知かもしれませんね。どこか控え目で品のある美しさ。洋にも和にもよく似合う冬の花です。

|原種ニゲルは明治時代に伝来

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/837615?title=雪中のニゲル

「初雪起こし」という別名を持つのは、クリスマスローズです。クリスマスローズは、ヨーロッパや西アジア原産の多年草。明治時代に原種であるニゲルが、薬草として日本に伝わりました。このニゲルが花を咲かせるのが12月の終わり頃。俯き加減に咲く花の様子に「初雪起こし」という名前がつけられ、茶席によく用いられるようになりました。

|交配種ガーデンハイブリットは寒芍薬

出典:https://www.photolibrary.jp/img169/55050_935025.html

その後に伝わったガーデンハイブリットと呼ばれる交配種は、2月頃から咲き始め「寒芍薬」という名前をつけられました。現在は品種改良により、華やかな雰囲気のクリスマスローズが増えましたが、当時は現在のような鮮やかな花色はなく、清楚で可憐な花姿で、茶席で楽しむための花でした。

|日本では原種と交配種の総称

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2049583?title=クリスマスローズ

クリスマスの時期に咲くバラのような花という意味で、本来は原種のニゲルのみがクリスマスローズと呼ばれます。しかし日本では、原種も交配種も全てクリスマスローズと総称しています。日本で出回っているクリスマスローズのほとんどは、年明けからの開花が多いもの。「初雪起こし」よりは「寒芍薬」という名前の方が、しっくりくるような感じがします。

|まとめ

華やかでありながら、どこか奥ゆかしく気品漂うクリスマスローズ。英名、和名いずれも、季節や自然に由来していますね。ヨーローッパ原産でありながら、和の雰囲気が漂う花姿に、茶席で用いられてきたのも納得です。