お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

注目の飲み物「チャイ」って?

インド料理のあとにいただくお茶の定番といえば「チャイ」。
最近は、コーヒーなどと同じようにインスタントなど自宅で手軽に楽しむことができるようになりました。
そんな「チャイ」の原料などなど・・調べてみました。

|お茶の葉が原料

「チャイ」は紅茶と同じ「発酵茶」、色は赤褐色でとても香り高いのが特徴です。
摘まれたばかりの茶葉を十分に発酵を行って作られるお茶です。

|紅茶との違い〜歴史〜

同じ発酵茶なのですが、使われる部分に違いがあります。
チャイが一般的に飲まれるようになった19世紀。イギリスの植民地であったインドでは、イギリスに出荷するための茶葉を作っていました。良質な茶葉はイギリスへ、国内にあるのは売り物にならない「ダスト」と呼ばれる粉末状の細かな茶葉。そんな残った茶葉を有効活用するために誕生したのが、チャイでした。
質の落ちた茶葉は苦味が強いため、そのままではとても飲むことができず、ミルクを入れ、お砂糖を加えて甘みを引き出し、香辛料を加えて旨みを引き出す方法が同時に考えられたのです。

|美味しい作り方

ミルクティーの場合、茶葉を水から煮て、数分沸騰を続けたところでミルクと砂糖を加えます。再沸騰したら火を止め、1分ほど蒸らしてから茶漉しを通して器に注ぎます。
マサラチャイは香辛料を加えます。シナモン・カルダモン・グローブが主流で本格的に作る場合は原形のものを使用します。しかし、そんなに手間を掛けずに作りたい時は、専用のミックススパイスが販売されています。

|まとめ

地域によっては、ミルクで割ることはなくストレートで飲むこともあります。ロシアではジャムをいれたり、モロッコではミントの葉を入れたりするそうです。
お好みの香辛料で、体の中からポカポカに。寒い冬にピッタリの飲み物ですね。