お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

紅葉の秘密

紅葉狩り、行きましたか?
もう雪が降っている地方もありますが今年は暖冬傾向にあるので、まだまだ紅葉が残っている場所もあります。
赤や黄色の葉が山や渓谷一面に広がり秋を彩る風情は、その時季にしかお目にかかれない美しさです。

|紅葉のメカニズム

葉は、光合成によって栄養となる糖分を作り出しています(日光と水と二酸化炭素を使っています)。
秋になって日光が弱まって不足し生産効率が低下すると、樹木は茎と葉のつけ根部分に「離層」という層を作り、葉を茎から孤立させ糖分の消費を抑制します。葉に残った糖分は、化学反応により赤い色素を持つアントシアニンを生成します。気温が低下し緑色の葉緑素が壊れると、葉はみるみる赤く変化しています。

|黄葉のメカニズム

黄葉の場合は、糖分がアントシアニンに変わる紅葉とはメカニズムが異なります。
葉を黄色くするのは、カロテノイドという黄色い色素で、夏に葉が緑色のときにすでに作られています。光合成に必要な日光を吸収し葉緑素をサポートする役目を担っています。
秋になり気温が下がると葉緑素が壊れ、カロテノイドが目立つようになり、葉が黄色く色づきます。

|メリット

樹木にとって、紅葉が必要なのかは明らかにされていません。
「活性酸素を取り込まないようにする」という説が有力なようで、木は落葉する前に葉のなかの有効成分を全て回収しようとしますが、その中に葉緑体を分解する過程で生じた活性酸素が多く含まれ、木に悪影響を与えてしまいます。そこで、活性酸素の発生を抑えるアントシアニンを分泌し、必要なものだけを吸収するとされています。
また「虫(アブラムシなど)をよせつけないようにする」という説もあり、紅葉している葉には紅葉していない葉に比べて虫が少なかったという報告があります。

|紅葉狩りの歴史

もとは貴族の遊びだった紅葉狩りが一般にも定着したのは江戸時代の頃。
豊臣秀吉は晩年、醍醐の山に大量の桜を植え、豪華絢爛な花見の宴を開いたことが知られています。
庶民たちには、伊勢参りや熊野詣でで旅に出かける風習が生まれ、景色の良い風景を求めて遠出をするようになり、行楽ブームの火つけ役になったとの説もあります。

|まとめ

紅葉が見られるのは地球の北半球の温帯地域、つまり日本を含む中国や韓国などの東アジア諸国、北米大陸の東部、ヨーロッパの一部だけと言われています。
日本では、秋になると当然のように紅葉する木々を目にすることができます。しかし地球上ではとても珍しい現象。世界中にも紅葉の絶景がたくさんありますが、その中でも日本の紅葉は格別だと言われています。それは、日本の温暖な気候と独特な地理的条件が揃っているから。
今年も美しい自然現象、見逃さないように!