お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

二十四節気【12月】

「二十四節気(にじゅうしせっき)」とは、太陰暦を使用していた時代に季節を現すための工夫として考え出されたもの。黄道(太陽が移動する天球上の道)を24等分し、その区切りと区切られた期間につけられた名前を言います。
12月・・今年最後の月です。12月は「師走」と言い、”師僧も走る多忙な月” 。計画的に行動したい月です。
二十四節気と12月の花をご紹介します。

|12月の花「シクラメン」

冬を彩る花「シクラメン」。
大きく分けて、室内で育てる「シクラメン」と、花が小さく冬の寒い庭でも育てられる「ガーデンシクラメン」があります。
花色は赤・ピンク・白・紫など。グラデーションになっている品種もあります。
ハート型の葉も魅力的です。
花言葉:「遠慮」「気後れ」「内気」「はにかみ」

|7日頃「大雪 (たいせつ) 」

雪が激しく降り始める頃で、朝夕には池や川に氷が張るようになります。霜柱もこの頃から。
鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入ります。南天の実が赤く色付きます。

|22日頃「冬至 (とうじ) 」

一年中で最も夜の長い日。次の日から日中の時間が伸び始めることから、古くはこの日を年の始点としていました。中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくると考えられていたのです。
また、かぼちゃを食べたり柚湯に入る慣習があります。「冬至にかぼちゃを食べると病気にならない」と言われています。

|まとめ

この「二十四節気」は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれ6つに分けられています。
12月になると、日が暮れるのも早くなり寒さも本格的になります。植物にあった防寒対策が必要になります。庭仕事を行う時は、比較的暖かい昼間のうちに行うようにするとはかどります。
1年の総仕上げ!やり残しが無いようチェックしてみましょう。