お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

花壇の冬支度

夏の暑さから解放され、夏から秋へと移りかわる季節。植物の冬越しの時期のため、ガーデニング作業は重要で、とても忙しい時期です。

|ハーブ

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

夏には生長著しいハーブも、冬になると成長が止まり、枯れてしまうものなどが出てきます。特に庭や花壇では霜や寒風対策が必要です。一方、ミント類はは非常に頑健な植物で、地下茎で広がり、一度植えると、冬に霜に当たっても根は残り、春になると新芽を芽吹いてくる手間いらずのハーブです。

|宿根草

出典:https://commons.wikimedia.org

出典:https://commons.wikimedia.org

耐寒性の弱い宿根草は、霜よけや室内での冬越しが必要です。庭植えを鉢上げして室内に入れる場合、根をあまり傷めないように気をつけ、水のやりすぎに注意しましょう。耐寒性の強い植物なら、11月に落ち葉やわら、腐葉土、古い水ゴケを厚さ約5㎝に敷いて、霜柱ができないようにします。不織布で株の周囲を覆うなどしてもいいです。

|植え替え

ベアーグラス

ベアーグラス

気温が下がり始めるころ、多くの樹木や宿根草が休眠する季節がやってきます。1〜2年に一度は植え替えするのが毎年きれいな花を咲かせるコツです。鉢植えの植物は1〜2年も経てば根が成長していますし、表土に雑草も生えている場合もあります。一度掘り起こして鉢の中の環境をリフレッシュさせましょう。

|肥料

オクラの花

オクラの花

植物は、光と水と空気があれば光合成によって栄養分を自分で合成することができますが、一般的に家庭園芸で育てる植物には、より健全に生育させ美しく咲かせるために、肥料が必要となります。通常、元肥の効果は、花が咲き終わった頃になくなります。そこで、これから咲く花や成長を続ける葉などの回復を図るために速効性肥料を施す必要があります。

このように、花が終わったあとに施す肥料のことをお礼肥(おれいごえ)と言います。

|まとめ

気温が低くなってくると、植物の成長も止まったりゆっくりになったりしてきます。夏の間綺麗に咲き続けたお花も冬の間ちょっぴり一休み!といったところでしょうか。暖かくなって新芽が芽吹くために寒くなる前の手入れも大切な作業です。