お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

深まる秋 落ち葉の季節です④

前々回、森の落葉が分解され腐葉土になり、土に還るお話をしました。腐葉土は、植物の成長のために欠かせないもののひとつ。では堆肥と腐葉土の違いはどんな点にあるのでしょうか。いずれもガーデニングや家庭菜園の必須アイテムではありますが、なかなか違いは分かりづらいものです。

|腐葉土は落ち葉が分解された堆肥の一種

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/527717?title=腐葉土

腐葉土は、植物を育てる土を改良するために使われるものです。名前に「葉」があるように、秋冬の枯れ葉が積み重なり、虫や微生物が分解することによってできた堆肥の一種。森や雑木林など自然の中では、1年から2年という時間をかけて、ゆっくりと分解が進み土へと還ることになりますが、腐葉土として市販されているものは、1、2ヶ月で人工的に分解されたものなのです。

|堆肥は原材料と発酵の度合いが異なる

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1042011?title=堆肥

一方堆肥は、落ち葉や枝、もみがら、家畜の糞などの有機物を微生物が分解、発酵した土壌改良材です。腐葉土が、落ち葉の形状が残った不完全な発酵状態であるのに対して、堆肥は土のように細かく完全に発酵した状態になっています。腐葉土と堆肥の共通点は、土の保水や排水、通気性を向上させ、肥料の成分を保持することですが、原材料と発酵の度合いが違いと言えるでしょう。

|そのまま使えるのが培養土

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/975650?title=園芸用土

腐葉土も堆肥も市販されていますが、店頭では培養土というものもよく見かけます。培養土とは、赤玉土や黒土などの基本用土に腐葉土や堆肥、石灰、肥料など、植物の種類に応じて栽培に適した割合に配合したものをいいます。つまり購入してそのまま使える土のことです。店頭でたくさん並んでいると、何を購入したよいのか迷いますが、園芸初心者であれば培養土を選べば間違いありません。

|まとめ

穴を掘り落ち葉と土、米ぬかを交互に積み重ね、ビニールシートを被せ、1ヶ月に1度かき混ぜると、3ヶ月程度で自家製腐葉土が完成します。落ち葉の処理に困る時、庭にスペースがあれば是非挑戦してみたいものです。