お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

マリーゴールド③ 〜メキシカン種とアフロフレンチ種〜

今回は「メキシカン種」と「アフロフレンチ種」です。
それぞれ特徴があり、イメージに合った庭造りに必須のお花です。花期が長いマリーゴールド、お気に入りの種類を見つけて、ガーデニングに加えてみませんか。

|メキシカン種の特徴

「メキシカンマリーゴールド」と呼ばれます。
小型な花と短い草丈が特徴の種類です。基本的に花は一重咲き、やや冷涼な気候を好み夏の暑さを嫌がります。
「ヒメクジャクソウ(姫孔雀草)」「ホソバクジャクソウ(細葉孔雀草)」と呼ばれます。

|メキシカン種/レモンジェム

レモンマリーゴールド」とも呼ばれています。
名前のとおりレモンのような香りがします。一重咲きで、花茎3cmほど小さな花が株全体を覆います。

アフロフレンチ種

この種類は「アフリカン種」と「フレンチ種」をかけあわせて作られました。「アフロフレンチマリーゴールド」と呼ばれます。
2つのいいとこ取りなので、花が大きく草丈が低いのが特徴です。
コロンとした花姿、庭はもちろん鉢植えなどに人気があります。

|まとめ

マリーゴールドは英名で、聖母マリア(バージンマリー)に由来します。属名タゲテスは美の女神タゲスに由来します。
マリーゴールドの花言葉は「嫉妬」「絶望」「悲しみ」。花言葉のせいでしょうか、あまり贈り物に用いられることはあまりありません。
花壇の土に潜むセンチュウを退治!定期的に植えておきたいお花です。