お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

深まる秋 落ち葉の季節です①

秋の深まりとともに、赤や黄色に染まった葉が散り落ちていきます。辺り一面が落ち葉で覆われる光景、みなさんのお近くでも見られるのではないでしょうか。今回の5回シリーズは「深まる秋 落ち葉の季節です」と題して、落ち葉についてお話していきたいと思います。

落葉は厳しい冬を越えるため

出典:https://www.photolibrary.jp/img583/257805_5513543.html

そもそもどうして冬が近づくと、木々の葉は落ちてしまうのでしょうか。寒くなると葉を落とす木を落葉樹といいます。この落葉樹の葉を落とす性質は、厳しい寒さに耐える冬越しの方法なのです。春から夏にかけて、葉は太陽の光を浴び、木の養分を作るという大切な役割を担っていました。しかし冬が近づくと日照時間は減り、太陽の光も弱まり、十分な栄養を作ることもできなくなります。

|水分蒸発と凍結防止

出典:https://www.photolibrary.jp/img180/78669_1086818.html

寒い冬が来る前に栄養を全て枝や樹皮に移し、葉は落ちて寒さに備えるというわけです。冬に木に葉がついたままだと、寒風で葉から木の水分が蒸発してしまい、葉の水分が凍りそこから枯れてしまいます。これらを防ぐ意味でも、木は葉を落とすのです。

|常緑樹にも落葉はある

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/81386?title=雪27

冬でも緑の葉を保ち続けるツバキやマツ、スギなどの常緑樹もあります。しかし常緑樹であっても、葉はずっと落ちない訳ではなく、少しずつ落葉し新しい葉が生えています。落葉樹のように一斉に落ちないため、ずっと緑が保たれているように見えるというわけです。

|まとめ

木に葉がついたままだと、雪が降り積もり枝が折れてしまうことがあります。このことから積雪の多い地域では、常緑樹よりも落葉樹が多いといわれています。葉を落とすのは、木の冬を生きる術。衣服を重ねていく人間とは正反対のように感じませんか。