お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

マリーゴールド① 〜フレンチ種〜

オレンジや黄色の花が華やかな「マリーゴールド」、コンパニオンプランツとしてもガーデニングには欠かせない植物の1つです。
マリーゴールドには大きく分けて「フレンチ種」「アフリカン種」「メキシカン種」「アフロフレンチ種」があります。
今回は「フレンチ種」をご紹介します。

|特徴

草丈は、およそ15cm~40cmです。草丈が比較的短く、小ぶりな花をたくさんつけるのが特徴です。
「フレンチマリーゴールド」と呼ばれ、とても多くの園芸品種が作られています。和名でクジャクソウ(孔雀草)と呼ばれます。

|ハーレクイン


花茎は3〜4cm。黄色に濃い茶色のストライプが入った個性的な花が特徴です。秋になると色づきが良くなるので、より一層鮮やかになります。

|ボナンザ

花茎は5cmほど。草丈30cm。
八重咲きが特徴です。主な花色は黄色・オレンジです。
特に黄色は「聖母マリアの黄金の花」の意味を持ち、その黄金を連想させ人気があります。

|スプレーボーイ

4~4.5cmの橙色の花が咲きます。
株姿がよく、秋になるとたくさんの花が咲きます。オレンジやミックス、黄色などの混合で咲く花が特徴です。

|まとめ

フランス王室の庭で育てられた後、ヨーロッパ各地に広がったことから「フレンチ」と名がついたそうです。
草丈が低いの、花壇に植える場合は前の方に植えます。一面に咲くと、まるで花のじゅうたんのようになります。
霜が降り始める頃まで楽しめます。