お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

マリーゴールド② 〜アフリカン種〜

今回は「アフリカン種」です。フレンチ種とは違った魅力があります。
「アフリカンマリーゴールド」と呼ばれ、ダイナミックで豪華な花姿。鉢植えではなく、地植えで楽しむ種類です。

|特徴

草丈は50cm~2m。一般的に大型種が多く見られます。日本にはじめて入ってきた種です。和名で「センジュギク(千寿菊)」「マンジュギク(万寿菊)」と呼ばれています。
花壇に植える場合は、後ろの方に植えましょう。

|タイザン(泰山)

草丈は25〜30cm、花径7〜8cmの八重咲き品種です。花の中心が硬くしまっていることから、病気にかかりにくく、長い期間楽しむことができます。

|ホワイトバニラ


花径8〜10㎝。草丈は40〜50㎝ほど。乳白色の巨大輪種です。
咲き始めは黄色で徐々に白っぽくなります。強めの色が特徴のマリーゴールドですが、ホワイトバニラは優しい色合いから人気があります。

|まとめ

16世紀にヨーロッパ経由、17世紀にイギリス軍がアフリカ遠征の際、現地に持ち込まれ栽培され、そこから普及したので「アフリカン」と名付けられたそうです。
アフリカンマリーゴールドは耐暑性があり、夏~晩秋まで楽しめます。