お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

二十四節気【11月】

「二十四節気(にじゅうしせっき)」とは、太陰暦を使用していた時代に季節を現すための工夫として考え出されたもの。黄道(太陽が移動する天球上の道)を24等分し、その区切りと区切られた期間につけられた名前を言います。
11月は「霜月」と言い、文字通り霜が降り始める月です。二十四節気と11月の花をご紹介します。

|サザンカ(山茶花)

サザンカはツバキ科ツバキ属の一種で、日本の固有種です。野生種は10〜12月に開花。晩秋の花として親しまれています。花色は、白・ピンク・赤・複色など。
花名の山茶花(サザンカ)は、中国語でツバキ類を指す「山茶(さんさ)」に由来しています。
サザンカは江戸時代に長崎の出島からヨーロッパに伝わり、和名がそのまま学名(Camellia sasanqua)になりました。
花言葉:「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」

|7日頃「立冬(りっとう)」

この日から立春の前日までが暦の上では冬となります。
太陽の光が弱まって日も短く木立ちの冬枯れが目立つようになり、冬の気配が感じられるようになります。
近畿・関東では木枯らしが吹き出す頃。木枯らしが吹くのは、冬型の気圧配置になった証拠です。

|22日頃「小雪(しょうせつ)」

「小雪」とは、まだ雪はさほど多くないという意味で、冬の入口を指します。山では初雪が舞い始める頃。
本格的な冬の到来がすぐそこに感じられ、寒い地方では雪が山の頂を覆い始めます。

|まとめ

この「二十四節気」は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれ6つに分けられています。
ガーデニングでは、強い霜が降りる前の準備を行います。何度か軽い霜にあてると植物が強くなりますので、11月中に数回霜にあて、追肥、殺虫剤など手入れをしてから覆います。
葉が落ち木肌や枝ぶりが楽しめる季節です。