お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

季節を彩る花・秋

見慣れた風景が、少しづつ変わっていき季節はいつの間にか秋の気配です。季節の変化を感じるのは身体の体感だけではなく、花で目で季節を感じることもできます。そんな植物をいくつかご紹介します。

|キンモクセイ

出典:http://photozou.jp/photo/show

出典:http://photozou.jp/photo/show

モクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹です。中国では、桂花の名で呼ばれることがあります。秋に小さいオレンジ色の花を無数に咲かせ、花は強い甘い芳香を放ちます。花冠は白ワインに漬けて楽しんだり、お茶に混ぜて桂花茶と呼ばれる花茶に使われたりします。温かい桂花茶は健胃・整腸の作用があり、口臭もおさえるそうです。

|スカビオサ

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

スイカズラ科、 マツムシソウ属。和名はマツムシソウ(松虫草)。高原のお花畑でゆらゆらと風に揺られる光景が目に浮かびます。昆虫のマツムシが鳴くころに咲くのでこの名がつけられています。ほとんどがブルー系の花色で、草丈は10~30cmくらいです。ナチュラルガーデンに向き10月から11月に次々に開花していきます。

|ムラサキシキブ

出典:https://commons.wikimedia.org

出典:https://commons.wikimedia.org

シソ科の落葉低木です。日本各地の林などに自生し、また果実が紫色で美しいので観賞用に栽培されています。名前の良さも手伝って、人気の高い植物です。秋の初めごろ雑木林など明るい林の中で鮮やかな赤紫色の小さな果実を目にします。6~7月頃に淡紫の小さな花をつけ、10~11月頃に美しい紫色の実を付けます。一般的に見られるのは、実付きがよく美しい、「コムラサキ」が庭木や公園などに植えられているようです。

|ワレモコウ

出典:https://ja.m.wikipedia.org

出典:https://ja.m.wikipedia.org

バラ科・ワレモコウ属の植物。草原に生える多年生草です。秋に茎を伸ばし、その先に穂状の可憐な花をつけます。穂は短く楕円形になり、暗紅色に色づきます。花弁はなく、赤みを帯びた茶色の部分は萼です。萼に長く色が残るので、秋遅くまで楽しむことができます。名前の由来は、御簾(みす)の上部にかぶせた帽額(もこう)につけられた木瓜(もこう)紋とワレモコウの花やつぼみが似て、割れ目があるので割木瓜(われもこう)ともいわれています。

|まとめ

朝晩の寒さを感じ始める初秋。夏の華やかな花とはどこか違う趣の花が、まだまだたくさんあります。耳をつくようなけたたましいセミの声から、いつの間にか柔らかい虫の声に代わり気付けば季節は秋です!