お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

木にまつわる漢字の話⑤

「木にまつわる漢字の話」の最終回。木に関係する漢字で代表的なものといえば「林」と「森」。いずれも小学1年生で習う漢字ですが、「林」と「森」の違いは答えられるでしょうか。木が2つと木が3つだから、木の本数や面積の違いじゃないかと考えがちですが、実はそんなに単純なものではないようです。

|本数や面積は関係ない

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1613928?title=松

小学生の頃「木が2つで林、3つで森」と覚えたもの。木<林<森の順で本数が多いのではないかと誰しも考えてしまいます。しかし「原生林」「防風林」「竹林」「杉林」など「林」が使われていても、木の本数や面積は莫大なところもあります。実際、森と名のつくところ(例えば「県民の森」など)と比べてみても、木の本数は関係していないように感じます。

|同じ種類の木が集まっているのが林

出典:https://www.photolibrary.jp/img341/225537_3093364.html

「林」も「森」も広い範囲に木が生えているところに違いはありません。しかし前述した「林」の用例をみると、同じ種類の木が生えているという共通点があります。「杉林」と言っても「杉森」とは言いいません。同じ種類、同じような樹齢の木が集まって生えているところが「林」といえるようです。

|こんもりと生い茂るのが森

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1082965?title=田舎の風景

「森」は「木が茂っている」という表現が複数の辞書に掲載されており、薄暗く、こんもりと木が生い茂り様子が「森」といったところでしょうか。また「森」には、「神社を囲んで木が茂っているところ」という意味もあるようです。地域の神社を「鎮守の森」と呼ぶこともありますね。林業では、人の手入れが入ったものが「林」、自然に生えたものが「森」と区別しているようです。

|まとめ

最も基本的な漢字である「林」と「森」ですが、その違いはなかなか一筋縄ではいかないものです。「木にまつわる漢字の話」5回にわたってお送りしてきました。普段何気なく使っている漢字ですが、知れば知るほど奥深い世界が広がっているものですね。