お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

木にまつわる漢字の話③

クヌギといえば、カブトムシやクワガタが樹液を求めて集まる木、シイタケの栽培にも使われる木として知られたところ。日本では岩手以南に分布するブナ科の落葉高木です。「木にまつわる漢字の話」の3回目は、クヌギについておおくりします。

|くぬぎと読む漢字は多数あり

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1613459?title=くぬぎ

「くぬぎ」という読み方をする漢字を漢和辞典で調べると、その数の多さに驚きました。「椚」「櫟」「椢」「栩」「櫪」…どれが一般的なのか、我が家にある漢和辞典や国語辞典、インターネット等で調べてみても残念ながらハッキリとしたことは分かりませんでした。ただ言えることは、クヌギの木は昔から生活に密着した存在であり、人に役立つ木として利用されてきたこと。それゆえにクヌギのもととなった語源も多いということです。

|様々な語源ゆえ漢字も多数

出典:https://www.photolibrary.jp/img174/40725_1004770.html

クヌギの語源は「国の木」であるという説があります。この説からも「椢」という漢字が使われるのは納得ですね。古くから実は食用にされていたことから「食ノ木(くのき)」が語源という説もあります。薪として利用されることも多く、丈夫な性質から建築資材としても用いられてきました。杭や神社の鳥居などに使われることから「椚」という漢字がつくられたとも言われています。

|古名は「橡(つるばみ)」

出典:https://www.photolibrary.jp/img142/40725_655692.html

また「つるばみ」と読む「橡」は、クヌギの古名です。クヌギの実を煮出して染色した色は「つるばみ色」と呼ばれます。万葉集の和歌にも「橡(つるばみ)」として登場しているのはクヌギのこと。本来の読み方は「くぬぎ」ではありませんが、「橡」もクヌギを意味する漢字として使われていることもあるようです。

|まとめ

人々の生活を支える里山の基盤となっていた一つがクヌギ。古来から様々な場面で、人々の暮らしを楽にしてきた歴史ある存在。本来は全く違うかもしれませんが、「木」と「楽」、「木」と「歴」の組み合わせも、そんな側面から生まれたと考えても面白いかもしれません。