お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

二十四節気【9月】

「二十四節気(にじゅうしせっき)」とは、太陰暦を使用していた時代に季節を現すための工夫として考え出されたもの。黄道(太陽が移動する天球上の道)を24等分し、その区切りと区切られた期間につけられた名前を言います。
台風や秋雨、天気が不安定な季節です。今回は二十四節気と9月の花をご紹介します。

|萩

マメ科ハギ属。秋の七草としても有名で、日本人にとっては馴染みのある植物の1つです。
開花時期は7〜10月。一つ一つの花は蝶々のような可愛い形をしています。花色は、赤紫・ピンク・白。
花言葉は「思案」「内気」「柔軟な心」

|8日頃「白露(はくろ)」

秋が深まり、草花に朝露がつきはじめる頃という意味。朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始めます。
空は高くなり本格的な秋の到来です。

|23日頃「秋分(しゅうぶん)」

秋分の日は「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として国民の祝日になっています。
昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に日が短くなり、読書などを楽しめる「秋の夜長」になっていきます。
「暑さ寒さも彼岸まで」
春分の日を境に寒さが和らぎ、秋分の日を境に暑さも和らぐということを表します。

|まとめ

この「二十四節気」は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれ6つに分けられています。
強い日差しも少し弱まり、庭仕事もはかどるようになってきました。冬から春にかけて咲く草花を植える時期です。すぐに花を楽しみたい時は苗を購入すると良いでしょう。