お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

アリストロメリアの魅力

花束やフラワーアレンジに多く利用されているアリストロメリア、花はもちろん葉も美しく長く楽しむことができます。

|特徴

出典:https://www.flickr.com

出典:https://www.flickr.com

学名Alstroemeria、別名ユリズイセン属、英名Lily-of-the-Incas、分類アルストロメリア科アルストロメリア属 、半耐寒性球根。蕾はふっくらと丸みを帯びて、開花するとユリの花に似ています。6枚の花弁のうち、外側の3枚は丸みがあって大きく、単色または複色、内側の3枚のうち上の2枚は特にこの縞模様がはっきりしています。

|環境

出典:https://ja.wikipedia.org

出典:https://ja.wikipedia.org


日当たりと水はけのよい所を好みます。 地植えでも鉢植えでも育てることができます。高温多湿の気候が苦手なので、開花後の管理はこの点に注意して、梅雨明け後、日ざしが強く当たらないようにします。冬越しは、土が深く凍る場所ではマルチを敷き、土が凍らないようにします。鉢植えも厳寒期、鉢土が凍るおそれがない場所へ移動します。

|魅力いろいろ~

出典:https://ja.wikipedia.org

出典:https://ja.wikipedia.org

アレンジや花束などの切り花として親しまれています。また、見た感じがエキゾチックな花にも見えますので、モダンな花はコサージュやブーケにも人気があります。カラフルで豊富な花色があり、品種によっては一株から20~30輪も花をつけるなど、他の花にはない華やいだ魅力があります。

|球根

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com


秋になったら、球根を植え付ける作業から楽しんでもいいです。植え付けるポイントは培養土を2〜3センチかぶせるくらいの深さに植えます。植える場所は連作地を避けて、日当たりと水はけのよい場所を選び、事前に苦土石灰を散布して酸度調整をしておくといいです。

|まとめ

豊富な色あいの花が開き、花びらの斑点が特徴で小ぶりの花ですが、花持ちがとても長く切花として人気のあるアリストロメリア。1つの球根から何本も花茎が立ち、たくさんの花をつけますので、自分で育てるのもいいですね。