お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

植物と水の関係⑤

この夏旅行やレジャーで、家を留守にする機会が多かったのではないでしょうか。そんな時に困るのが、留守中の植物の水やりです。花の水やりがあるから旅行には行かないなんてことがないように、留守中の水やりのテクニックを身につけておきましょう。

|乾燥を防ぐ環境づくり

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/888756?title=鉢植え

留守中の植物は、なるべく土が乾かないような状態にすることが大切です。庭の鉢植えは、日陰の一ヶ所に集めることで乾燥を防ぐことができます。濡れた新聞紙や布で鉢を包むことでも、水分の蒸発を防止できます。2、3日程度のお出かけであれば、受け皿に水を張ったり、たらいなどの器に鉢を並べ、鉢の1/3程度の高さまで水を入れておく腰水というやり方もオススメです。水を入れた容器は日向におくと水が高温になってしまいますから、日陰におくように心がけましょう。

|手軽な自動給水グッズを利用

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1014471?title=園芸

お出かけ前に、いつもよりたっぷりと水やりをすることは当然のこと。最近は様々な自動給水グッズが販売されています。高価な自動散水機などもありますが、ペットボトルを利用した手軽なものなど、100円ショップのお店にも水やりグッズが販売されています。水の量の調節が難しいこともあるので、お出かけ前に試してみるといいかもしれません。

|保冷剤の中身で給水効果

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1244228?title=植木鉢と花%202

意外と手軽に利用出るのが保冷剤。保冷剤の中身は、98パーセントの水と2%程度の高吸水性ポリマーでできています。高吸水性ポリマーとは、紙オムツに利用されている成分です。解凍した保冷剤の中身を鉢植えの土の部分に撒くだけ。水分が徐々に溶け出して、土の中に浸透していきます。水やりグッズとしての保水ジェルなども売っていますが、ケーキや冷凍食品を購入した時についてくる保冷剤でも同様の働きがあるのです。

|まとめ

猛暑のこの夏、熱中症対策でいつも以上に水分補給に気をつけている私たちですが、植物もまた同じです。植物と水との関係をよく理解した上で、適切な水分補給をしてあげることが大切ですね。植物も人間も水分補給をしっかりして、これからの残暑を乗り切りましょう。