お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

サフランの魅力

「サフラン」といえば・・ズバリ高級食材です。
秋になると美しい花を咲かせる「サフラン」ですが、高級食材はどの部分かご存知ですか?
サフランの魅力と一緒にご紹介します。

|紫色の花

開花時期は10〜11月頃で、草丈は15〜25cmくらいになります。
サフランはクロッカスの仲間で、球根で生長する植物です。クロッカスとよく似ていますが、クロッカスは春に咲き、サフランは秋に咲きます。
花言葉:「歓喜」「過度をつつしめ」「濫用するな」

|高級食材はこの部分です

満開になると、花の真ん中から赤い雄しべが伸びているのが分かります。この部分が「サフラン」です。抜き取って日陰で乾燥させます。
1つの花から3本しか採取できない非常に貴重なものです。
1本の雌しべはとても細く、約30グラムの香辛料を得るには4300個の雌しべを用いらなければなりません。
花が開ききる前につまないと品質のよい香辛料ができないのだそうです。

|香料や染料に

もともとは染料、香料、薬用として多く栽培されていました。
主に、料理の色づけ香りづけとして利用され、南仏料理のブイヤベース、スペインのパエリヤ、イギリスのサフランケーキなどがよく知られています。「黄金のスパイス」とも呼ばれています。
通常のサフランは、雄しべと雌しべを混ぜたもので、雄しべには香辛料の効果がなく、着色料の役割を果たしています。

|まとめ

属名の学名「Crocus(クロッカス)」は、ギリシア語の「krokos(糸)」が語源。長く糸状に伸びる雌しべに由来します。サフランの名前は、アラビア語で「黄色」を意味する「zafran(ザファラン)」が語源といわれています。
英語では植物を「Saffron crocus(サフランクロッカス)」、香辛料を「Saffron(サフラン)」と呼んでいます。漢名では「番紅花(バンコウカ)」です。
サフランには気分を晴れやかにする効用があると言われています。ヨーロッパやインド、中国など多くの国で、サフランを飲むと血の巡りがよくなり、気分がよくなるという言い伝えがあります。
少々お高いサフランですが、自分へのご褒美に♪