お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

お祝いに 〜ミズヒキ〜

「ミズヒキ」は、日本や中国の温帯などに分布する毎年花を咲かせる多年草です。主に低地や山地の明るい林縁などに生息しています。
風に揺れる姿は、風情があって美しい「ミズヒキ」、花言葉と一緒にご紹介します。

|ミズヒキ〈水引〉

開花時期は、 8月〜10月頃まで。
上から見ると赤、下から見ると白、横から見ると紅白に見える花が特徴です。線のように細い長い花茎を伸ばして小さな花を穂状に咲かせます。
白い花だけのものを「銀水引」、紅白まじりのものを「御所水引」 と呼ぶこともあります。

|名前の由来

「ミズヒキ」は、細長い花穂に赤と白の花がついている姿が、正月飾りや祝儀袋などに使う紅白の水引に似ていることから名づけられました。
本来「草」は不要ですが、お祝いの水引と紛らわしいためか「水引草」と呼ばれることが多いようです。

 

|花言葉

「慶事」「祭礼」「感謝の気持ち」「喜び」「祝い」「寿」
「慶事」は、花の名の由来である紅白の水引からきています。
「祭礼」は、紅白の花の姿がお祝い事を表すことから。
嬉しい花言葉を持つ「ミズヒキ」、園芸用として広く流通しているので、お祝いにピッタリです。

|まとめ

ミズヒキは生薬名を金線草(キンセンソウ)といい、止血、腰痛、胃痛の緩和する妙薬とされていたそうです。
ひとつひとつの花が小さいため、あまり目立たない存在ですが、群生したミズヒキは見応えがあります。因みに、高尾山にはミズヒキの群生地があります。お出かけの際にはチェックしてみてください。