お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

夏真っ盛り!ヒマワリの種の意外な効果

毎日暑い日が続いています。
夏の花といえば「ヒマワリ」。ヒマワリは夏の代表花です。北アメリカを原産地とし、野生のものは60種ほどが知られています。そのうち、日本で昔からよく植えられている2mにまで成長する大きなヒマワリは「ロシアヒマワリ」という品種です。
今回は、ヒマワリの種に注目していきます。

|たくさんの小さな花

黄色い花びらの部分は「舌状花(ぜつじょうか)」と呼ばれ雄しべがありません。黒っぽい中心の部分は「筒状花(とうじょうか)」と呼ばれ、雄と雌の両方の機能を持っており、咲いた後にタネができます。
一つの大きな花のように見えますが、多数の花が集まって花の形を作っています。

|たくさんの種

ヒマワリの真ん中の集まっている筒状花1つに1個の種ができます。そのため、1本のヒマワリから作られる種の数は非常に多く、約1500~3000個ほど。ぎっしりと種が並んでいます。
9月後半〜10月が種の収穫時期になります。花が下を向き、茎や葉が茶色くカラカラになった頃。種は、収穫後もしっかり乾燥させます。

|種の栄養

ヒマワリの種はリスやハムスターの餌といったイメージですが、人間も食べることが出来ます。食用ヒマワリの種として販売されていて、栄養成分がぎっしり詰まっている「スーパーフード」です。コレステロール値や血圧を下げる力・スキンケア効果・精神を安定させる効果などが期待されています。

|まとめ

ヒマワリの種は、100gで611kcal。ほかのナッツ類に比べるとカロリーの高い食べ物ですので、ダイエット中は控えめにすること。また、種に含まれるリノール酸は過剰摂取するとアトピーやニキビ炎症を促進する危険性がありますので、一日20粒を目安に。夏バテ防止の効果があるので、上手に取り入れると良いでしょう。