お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

かわいいピンクアナベル

白いアナベルと違い、ピンクアナベルは、ガーデナーの間で人気の高い、西洋アジサイのアナベルのピンク花種です。

|特徴

出典:http://photozou.jp/photo/show

出典:http://photozou.jp/photo/show

海外でも日本でも、白花のアナベルとともに人気のある、ピンクアナベルとは、毎年、その年に伸びた新しい枝にお花を咲かせる植物です。植えっぱなしで、寒さ対策もしなくても北米が原産ですから、寒さにはかなり強いです。

|切り戻し

アナベル

アナベル

花が終わって、寒くなってきたら、根元から40~50センチを残してバッサリ切ってしまいましょう。切り戻してあげることで、

来年新しい枝がたくさん出てくるようになるので、たくさん花を咲かせてくれます。

|冬越し

アナベル2

アナベル2

時期が来ると色が緑色に代わっていきますが、色合いがきれいです。ピンクアナベルは、冬の寒さにしっかり当てることで、次の年もまた咲いてくれます。寒さに当てることがポイントです。

|ピンクアナベルの特徴2

ピンクアナベル

ピンクアナベル

花は、装飾花がぎゅぎゅっと集まって咲く、てまり咲きタイプです。ピンクアナベルにも品種があり、一般的には「ピンクのアナベル」というラベルがついたものが流通しています。

|まとめ

ピンクアナベルは花もちが良く、うまく管理すれば長期間花をつけてくれます。

退色した花も、切り取ってドライフラワーに利用することもできるので、本当に長い期間楽しむことができます。