お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

姿勢のいい立ち姿グラジオラス

夏の花壇に欠かせない春植え球根の代表といえば、やはりグラジオラスです。真っ直ぐに伸びた花は気品さえ感じられます。

|名前の由来

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki

グラジオラス は、アヤメ科グラジオラス属の植物の総称です。

別名、トウショウブ(唐菖蒲)、オランダショウブ(阿蘭陀菖蒲)と言われています。名前の由来は古代ローマの剣であるグラディウスに葉が剣に似ていることが根拠といわれます。

|アレンジメント

出典:https://torange.biz

出典:https://torange.biz

グラジオラスは花色が豊富で、あらゆる花色が楽しめ、花弁もフリンジ咲き、平弁咲き、反転弁咲き、受け咲きなどがあります。さらに花の大きさも、巨大輪から極小輪咲きまでと変化に富んでいますので、アレンジメントの花材として楽しまれています。

|リラックス効果!

出典:https://blog.goo.ne.jp

出典:https://blog.goo.ne.jp

日本では明治時代に輸入され、栽培が開始されました。根は湿布薬の材料に使われることもありました。ピンクや赤のグラジオラスは、バランスの崩れた神経を回復したり、ホルモンを正常に戻してくれる効果があります。更年期障害や生理痛に悩む人におすすめです。

|花後の管理

出典:http://photozou.jp/photo/show

出典:http://photozou.jp/photo/show

花が終わったら、タネがつかないように花穂の一番下で切り取ります。秋に葉が黄ばみ始めたら、掘り上げると木子を落とさずに掘り上げることができます。掘り上げ後約1カ月陰干しして木子や新球、古球などの仕分けをして、元気のよい球根を選んで紙袋などに入れて室内で保存しておきます。

|まとめ

日本では切り花として多く見かける事が多いグラジオラスですが、江戸時代の末期に一度渡来したものの、栽培がうまくいかずに明治になって再渡来し、その後に栽培が成功し、現在に至っています。