お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

見たことありますか? 〜ごぼうの花〜

ゴボウの花の開花時期は6〜8月。只今見頃真っ最中ですが、ゴボウってどんな花を咲かせるかご存知ですか?
あまり目にすることのないゴボウの花、花言葉と一緒にご紹介します。

|ゴボウの葉

お花の前に、葉をご紹介します。
ゴボウの地上部分は、大きな葉と高さ1mにもなる太い茎。1本のゴボウから10本近く出ています。
この茎と葉は、あまり食べることがないのでお店に出回ることがありません。
※因みに「若ごぼう」「葉ごぼう」は、葉や茎も食用にするため栽培されているものなので、佃煮などで美味しく食べることができます。

|アザミに似てる?!

ゴボウの花は、紫色や白色でトゲのあるような花を咲かせます。
ゴボウは種を蒔いて1年以上経過すると蕾をつけます。しかし、一般的に花が咲く前にゴボウを収穫してしまうので、花は種をとるために咲かせる程度。なかなかお目にかかる事はできません。
花言葉は「私にさわらないで」「しつこくせがむ」「用心」「いじめないで」。トゲのある花の見た目からか、マイナスイメージの花言葉です。

|漢方・ハーブとして

日本では食用ですが海外ではあまり食べられていないようで、中国では漢方・西洋ではハーブとして用いられています。ハーブ名は「バードック」、むくみや便秘の解消役立つデトックスティーとして注目されています。
生薬・漢方薬として、利尿、発汗、血液浄化、皮膚疾患(ニキビ、湿疹、乾癬)の薬の材料として使われています。

|まとめ

ゴボウは漢字で「牛蒡」と書きます。語源は、漢語の「牛蒡」で、その根が牛の尾に似ていることに由来していると言われています。日本には縄文時代に中国から渡来し、平安時代には野菜として栽培されてきました。
ゴボウの花言葉の中に「人格者」というのがあります。これは日本でつけられた花言葉で、ゴボウの栄養価の高さからきています。
最後に、ゴボウ調理の三大新常識ってご存知ですか?「皮はむかない」「水にさらさずすぐ調理する」「大きめにゴロンと切る」です。水にさらすとポリフェノールであるクロロゲン酸が逃げてしまいますので、ご注意を!