お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

二十四節気【7月】

「二十四節気(にじゅうしせっき)」とは、太陰暦を使用していた時代に季節を現すための工夫として考え出されたもの。黄道(太陽が移動する天球上の道)を24等分し、その区切りと区切られた期間につけられた名前を言います。
じっとりした暑さの7月。今回は二十四節気と7月の花をご紹介します。

|朝顔

開花時期は7〜10月頃。
日本で古くから親しまれている草花ですが、日本原産の植物ではありません。奈良時代に中国から渡来し、薬草として用いられたのが始まりで、観賞用として楽しまれるようになったのは江戸時代から。
つる性の一年草で、花色は白・ピンク・青・紫のほかに、覆輪部(ふくりんぶ)と花弁の中心に向かって筋状に白い模様が入る「曜白(ようじろ)」と呼ばれる模様などもあります。さらに、花の大きさも巨大輪から小輪まであり、変化に富んでいます。
花言葉:「はかない恋」「固い絆」「愛情」

|7日頃「小暑(しょうしょ)」

だんだん暑さが増していくという意味。湿っぽさと同時に夏の熱気が感じられるようになります。
小暑と大暑を合わせたおよそ1か月を「暑中」と言います。「暑中見舞い」を出す期間とされています。

|23日頃「大暑(たいしょ)」

夏の暑さが本格的になるという意味。梅雨も明け、子どもたちは夏休み!。農家は田の草取り、害虫駆除など暑い中の作業が続く大変な時期です。
土用の丑の日が近く、夏バテ防止にうなぎを食べたりする頃です。

|まとめ

この「二十四節気」は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれ6つに分けられています。
7月は、秋の収穫に備え、忙しい季節です。
暑さが厳しくなってきます。外の作業は早朝や夕方がオススメです。