お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

オリーブの木

オリーブの木とは、地中海沿岸に自生している常緑樹です。カフェやサロンなどの入り口でよく見かけるオリーブの木。葉っぱの様子や佇まいが美しく素敵です。

|特徴

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

初夏(5月~6月)頃には、可愛らしい白い小さな花を咲かせてくれます。無数の花が咲いたオリーブの木の下には、白いお花の絨毯が広がります。500種以上も品種があるといわれます。銀色の地位な葉っぱに特徴がありインテリアとして人気のある樹木です。

|実を楽しむ為に

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

9月から11月頃にかけて実がなります。オリーブの木は自家受粉しませんので、実の収穫を楽しみたいなら、違う品種と併せて植えるといいですよ。実を付けるようになるまでは3年以上かかるので、購入する際は大きめの苗を選ぶと、早く収穫を楽しめるのではないでしょうか。

|小豆島のオリーブ物語

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

今からさかのぼること100年あまり。国産オリーブの栽培は、小豆島オリーブ園から始まりました。小豆島へオリーブがやってきたのは1908年。1917年には、県より試験用として初めて、オリーブが配布され、地元の人々の助けもあり、官民一体の努力で果実を収穫するまでになり、小豆島は日本で初めて、産業用のオリーブ発祥の地となったのです。

|育て方

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

オリーブの木は、冬の寒さや乾燥にも強いことから、屋外でも丈夫に育つ植物です。日当たりのよい場所を好む性質も、屋外向きです。庭で育てるのはもちろん、コンパクトに仕上げて窓の側などに置き観葉植物として育てるのも人気です。

|まとめ

「幸福を呼ぶ」とされるオリーブの木は、葉っぱは観賞用にさらに、実から作られるオリーブオイルは健康によいとされています。シルバーグリーンの葉っぱがお部屋のインテリアにもなり癒しの空間になりそうです。