お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

黄色が鮮やかキンシバイ

花の中心に、いっぱいある黄色のおしべを「金の糸」に、5弁の花の形が「梅」に似ているためキンシバイの名前の由来になっています。

|特徴

出典:https://www.flickr.com

出典:https://www.flickr.com

中国原産で、江戸時代の1760年頃に渡来したといわれています。キンシバイはオトギリソウ科オトギリソウ属の半落葉小低木。 本種のことをヒペリカムということも多いですが、ヒペリカムは、オトギリソウ属のラテン名であり、必ずしも本種とは限らないようです。

|由来

出典:https://commons.wikimedia.org

出典:https://commons.wikimedia.org

キンシバイの仲間(オトギリソウ属)の日本原産種には、薬草として知られるオトギリソウ(Hypericum erectum)やトモエソウ(H.ascyron)など20種ほどがありますが、いずれも草本植物です。オトギリソウは「弟切草」と書き、その由来には以下のような話が伝えられています。

|育てる環境

出典:https://ja.wikipedia.org

出典:https://ja.wikipedia.org

日向でも半日陰でも丈夫に育つ丈夫な花です。株分けでもすぐ増やすことができます。あまり剪定の必要はないですが、小さくしたいときは強く剪定してもいいでしょう。

|特徴その2

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

葉は対生で長い楕円形。寒地では落葉しますが、暖かい地方では落葉しないことがほとんどです。初夏、枝先に濃い黄色で、五弁の花を次から次に咲かせます。枝は下垂します。

|まとめ

キンシバイによく似たヒペリカムがあります。ヒペリカムは花も綺麗ですが、どちらかというと実が人気ですがキンシバイは花がメインです。よく茂った濃い緑色の葉に映えるキンシバイの黄金色の花は、初夏から夏へと移り変わる季節を知らせてくれます。