お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

ガーデニングにおけるタブー④特定外来生物編

人間の活動によって他の地域から持ち込まれた生物を「外来種」といい、外来種の中でも地域の自然環境に大きな影響を与えたり、農作物などに被害を与えるおそれのあるものを「特定外来生物」といいます。この特定外来生物は、ペットとして飼われる小動物や爬虫類はもちろん植物も含まれており、ガーデニングも無関係とは言い切れません。

|栽培・運搬などが法律で禁止

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1050896?title=花一面の土手と青空

特定外来生物は、飼育・栽培・保管・運搬・販売・輸入などが法律によって原則禁止されています。違反の内容によっては、 懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金が課せられることもあります。環境省では平成30年4月1日現在、16種類の植物を指定しています。

|在来の植物に大きな影響

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/126651?title=オオキンケイギク

中でも北アメリカ原産のオオキンケイゲクは、河川敷や道路脇で5月から7月にかけてみられます。かつては緑化のために利用されていたこともありましたが、繁殖力が非常に強く、在来の植物に大きな影響を与えています。また同じく北アメリカ原産のオオハンゴンソウも荒地や湿地などで、7月から10月にかけて花を咲かせます。オオキンケイゲクと同様に河川敷や道路脇でも見られ、寒冷地においても生育が旺盛なのが特徴です。

|綺麗でも庭に植えるのは厳禁

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1100907?title=野草%E3%80%80オオハンゴンソウ

いずれの花も鮮やかな黄色。一見すると綺麗で自分の庭にも植えたくなってしまいますが、それは厳禁です。もし身近で見つけた場合には①可能な限り根から引き抜く②その場で2、3日放置し枯死させる(特定外来生物は生きたままの運搬は禁止されているため)③ビニール袋に密封して処分するという流れになります。

|まとめ

特定外来生物については、環境省のホームページでその種類が確認できるほか、市町村のホームページに、その地域で生育が確認されている種類が掲載されていることもあるようです。地域によっては、駆除活動を定期的に行なっていることもあります。ぜひ一度お住いの地域の取り組みを確認してみてはいかがでしょうか。