お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

ガーデニングにおけるタブー①マンション編

季節の花々や緑に囲まれるのは、日々の生活を豊かにしてくれるもの。花を植えたり飾ったりすることは、個人の自由ではありますが、マナーや法律の上で気をつけておきたい点があります。今回のシリーズは「ガーデニングにおけるタブー」。第1回目はマンションでのガーデニングについてお送りしていきます。

|災害時の避難経路を確保

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/847493?title=ワンルームマンション

一戸建てのような庭がなくても、ベランダで花や野菜を育てて楽しんでいる人は多いことでしょう。ベランダは居住者が自由に利用できるものと考えがちですが、本来共用部分であり居住者が専用使用権を有してるに過ぎません。ベランダやバルコニーは、災害などの場合に避難経路となるものです。隣のベランダとの障壁を塞ぐように植木鉢やプランターをを並べたりせず、十分な経路を確保した上でガーデニングを楽しみましょう。

|ベランダには耐荷重がある

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/723136?title=ベランダの花

またどんなベランダにも耐荷重があります。ガーデニング資材は意外と重量がかかるものです。土や植木鉢のほか、デッキパネルや砂利などを敷き詰めることもあるでしょう。テラコッタ鉢などおしゃれで見栄えもいいものですが、土を入れた状態での重量は相当なものになります。ベランダの耐荷重を確認し、なるべく軽量な資材を用いるようにしたいものです。

|古土の処理は地域の規定を確認

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/134430?title=幻想的な花147

土のないマンションゆえ、土の処理も問題になってきます。自分の庭ならばそこで古土を処分することもできますが、マンション住まいではそういう訳にもいきません。土の処分に関しては、お住いの地域のゴミの処理規定に沿って処分するか、ホームセンターなどで古土の引き取りをしてくれるところもあるので利用しましょう。空き地などに捨てる行為は不法投棄になり、生態系へ影響を及ぼすこともあります。

|まとめ

そのほか水やり、肥料や薬剤の散布の際には、隣家や下の階への影響を考え行いましょう。手すり近くに植木鉢や資材を置く場合は、落下の危険性も考えられます。また枯葉や土などをそのままにしておくと、ベランダの排水溝が詰まってしまうケースも。マンションの管理規約にはベランダの利用や避難経路、耐荷重についての規約が定められています。今一度よく内容を確かめ、規約を守った上でガーデニングを楽しみたいものです。