お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

二十四節気【6月】

「二十四節気(にじゅうしせっき)」とは、太陰暦を使用していた時代に季節を現すための工夫として考え出されたもの。黄道(太陽が移動する天球上の道)を24等分し、その区切りと区切られた期間につけられた名前を言います。
梅雨入りの6月。新緑が潤う季節です。今回は二十四節気と6月の花をご紹介します。

|紫陽花

梅雨時期にかかせない花「紫陽花」。
5月の後半から7月中旬まで花を咲かせます。昔から身近な花ですが、花色が移り変わることから悪いイメージがありました。しかし、最近では鉢植えも多く出回り贈り物に人気があります。
花言葉は、色が変化することから「移り気」「浮気」と付けられていますが、小さな花が沢山集まっていることから「一家団欒」「家族の結びつき」といったプラスの花言葉も付けられています。

|6日頃「芒種(ぼうしゅ)」

カラッとした爽やかな初夏から一変、蒸し暑くなり梅雨入りする頃です。「芒」とはイネ科植物の穂先にある毛のような突起部分のことを言います。”芒種=稲や麦などの種蒔きに適した時期” で、田植えの目安とされ、農家の方にとってはゆっくりする暇がなくなるくらい忙しくなる・・といった意味もあります。

|21日頃「夏至(げし)」

北半球では1年で最も昼が長い日です(冬至の日と比べると、5時間弱も違いがあります)。
日本では梅雨のシーズンになるので、日の長さを実感しにくいかもしれません。夏至を過ぎると暑さが増し、本格的な夏がやってきます。

|まとめ

この「二十四節気」は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれ6つに分けられています。
6月は、雨を蓄え夏を迎える大切な季節です。
梅が熟す時期に降る雨だから「梅雨」、梅の実が雨に濡れてキラキラ輝きます。