お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

シェードガーデンに魅力的なシャガ

スッと伸びた葉の中心部から花茎を伸ばし、花の大きさは5cmほどで次々に咲かせていきます。この花は実をつけることはなく、種子ではなく地下茎に着く子株で増えていきます。

|特徴

シャガ

シャガ


人里近くの森林周辺の木陰などの、やや湿ったところに群生しています。開花期は4 – 5月ごろで、白っぽい紫のアヤメによく似た花をつけます。花弁に濃い紫と黄色の模様が特徴です。葉は長く扁平でつやのある緑色をしています。長い地下茎を伸ばし、その先に芽ができるので、やがては大きな群落となっていきます。

|由来

シャガ4

シャガ4

シャガを漢字で「射干」と書き表します。別名で「胡蝶花」とも呼ばれたりもします。シャガには「Iris japonica」という学名が付けられています。Irisには、ギリシャ語で「虹」という意味の言葉から名付けられました。

 

栽培環境

シャガ3

シャガ3

やや湿り気のある、明るい日陰で育てます。かなりの日陰に耐えますが、あまり暗すぎると花つきが悪くなります。極端な乾燥は好みません。水切れを繰り返すと葉が傷み、生育が悪くなります。シャガは常緑樹の下などに植えても十分育つ植物です。

|よく似た花~アヤメ~

出典:https://ja.m.wikipedia.org

出典:https://ja.m.wikipedia.org

よく似た花で、アヤメがあります。冬でも葉の枯れない常緑性の多年草で、光沢のある細長い葉を斜め上に向かって伸ばします。花の直径は8㎝ぐらいでやや大ぶりの花をつけます。他にも、近縁のものにハナショウブ,カキツバタ,イチハツなどがありいずれも観賞用として植えられています。

|まとめ

シャガの花は短命で一日でしぼんでしまいますが、次々と新しい花を咲かせます。次々と咲き誇り樹木の下で群生になっている様子もいいものです。