お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

①こんなところに植物のデザインが〜硬貨編〜

みなさん、今財布の中に硬貨は入っていますか。カードや電子マネーが普及している現在では、小銭は持ち歩かないという人も多いかもしれませんね。今回は日本の硬貨のデザインについてお話しします。身近すぎてなかなか気付かないものかもしれませんが、全ての硬貨には植物が描かれていることご存知でしたでしょうか。

|日本の自然や文化財などを題材

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/315622?title=お金

日本の硬貨のデザインは、造幣局の職員による場合と、一般の人への公募による場合があります。財務省の要請により行われるもので、最終的には政府の閣議によって決められることになります。デザインには日本固有の自然や文化財、文様などを用いることが多く、植物が描かれているのも日本の自然の美しさを表現した結果といえるでしょう。

|伸びゆく若木に日本の未来を

出典:https://www.photolibrary.jp/img331/40725_2987155.html

現在の一円硬貨は昭和30年に発行されたもので、一般の公募によるデザインです。日本国と書かれた面には木が描かれていますが、これは特定の植物ではなく「若木」を描いているのだそうです。発行された時代の状況を考えると、ちょうど戦後の復興期。伸びゆく若木に日本の将来を重ねたのかもしれません。

|産業の発展と民主国家を表現

出典:https://www.photolibrary.jp/img270/99947_2205133.html

次に五円硬貨を見てみましょう。現在流通しているものは昭和34年の発行です。図柄は日本の産業を表していて、稲穂が農業、穴の周りの歯車が工業、五円と書かれた部分の横線は海や川を表し水産業となっているのです。また裏面には小さな双葉があります。これは戦争が終わって、民主国家になった日本を表現しているといわれています。

|まとめ

普段何気なく使っている一円硬貨も、シンプルな中に深い意図を読み取ることができます。五円硬貨については稲穂は知っていた人も多いでしょうが、歯車や海と川、双葉に関しては気付かなかった人もいるのではないでしょうか。いずれのデザインを見ても、当時の時代背景を振り返ることができますね。