お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

二十四節気【5月】

「二十四節気(にじゅうしせっき)」とは、太陰暦を使用していた時代に季節を現すための工夫として考え出されたもの。黄道(太陽が移動する天球上の道)を24等分し、その区切りと区切られた期間につけられた名前を言います。
爽やかな風が心地よい5月です。今回は二十四節気と5月の花をご紹介します。

|ツツジ【躑躅】

4月〜5月にかけて、白・赤・ピンク・紫などの花を一斉に咲かせます。
歩道脇によく植えられ、現在300種を超える 園芸品種があります。
一般的にツツジとは「大紫躑躅(オオムラサキツツジ)」を指します。オオムラサキツツジの花は直径7~8cm、ツツジの中で一番大きく、上を向いて咲く姿は見事です。
花言葉:「節度」「慎み」

|6日頃「立夏(りっか)」

この日から、暦の上では ”夏” です(〜立秋の前日まで)。
2018年の立夏は5月5日ですが、天文学上「太陽が黄径45度に達した時」と定められてますので毎年日にちが異なります。
二十四節気の「穀雨」から数えて15日目にあたる立夏は、田植えや種まきが始まる時期です。田んぼに水が引かれ、田植えの準備が始まり、種まきなど忙しくなります。八十八夜の数日後にもあたり茶摘み最盛期を迎えます。

|21日頃「小満(しょうまん)」

立夏から数えて15日目頃。
2018年は5月21日が小満です。小満には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」という意味があります。陽気が良く、動物や虫、草木が成長して活気溢れる様子を言います。
また、秋にまいた麦の穂が付くころで安心する(少し満足する)という意味もあります。

|まとめ

この「二十四節気」は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれ6つに分けられています。
天気が良くカラッとした気候の5月。お出かけにいい季節です。また、梅雨が始まる前に衣替えなど夏の準備も今のうちに!