お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

蝶のような花びらエニシダ

4月から6月に鮮やかな黄色の花が、幹一杯に咲きほころびます。蝶のような形の花が可愛らしいです。中でも小ぶりのサイズの「ヒメエニシダ」は鉢花として多く流通しています。

|特徴

エニシダ2

エニシダ2

エニシダ属は常緑または落葉性の低木で、ヨーロッパ、北アフリカ、カナリア諸島、アジアに分布します。耐寒性もあり、やせ地でも育ちますが、寿命は10年ほどです。細い緑色の枝が弓なりにしなり、黄色い花を枝一杯に咲かせます。

|育て方

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

放任していてもよく枝を出して花を付けますので、若木のうちは剪定の必要はありません。花後にさやの形をした実ができて夏に黒く熟します。そのままにしておくと木の栄養が取られて生長が弱くなりますので、出来る限りすべて取り除くようにしましょう。

年数を経て枝数が多くなった株は混み合っている部分を間引き剪定してあげましょう。

|名前の由来

エニシダ

エニシダ

属名のCytisusは、古いギリシャ語のkytisso(つめくさ、クローヴァー)に由来するとされています。ラテン語でゲニスタと言い、スペイン語に入ってイニエスタと呼ばれるようになりさらにこれが変化してエニシダという名前がついたと考えられています。

|魔女のほうき

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

英語では「Broom(ほうき)」。西洋ではエニシダの枝からほうきを作ったりもします。どうやら、伝説の魔女がまたがって夜中に空を飛ぶというほうきもエニシダの枝でできているようです。

|まとめ

江戸時代に日本へ観賞用として渡来してきました。漢字で、「金雀枝」「 金雀児」と書くのは黄金に近い黄色い花を咲かせることからきているようです。花が満開になると細い枝は花の重みでゆるやかに垂れ、枝の周りは黄金色に染まります。