お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春の野に咲く黄色の花々③

福寿草や菜の花、スイセンやクロッカスなど、野に咲く花のみならず春の花は黄色が多いもの。庭に咲く花は名前を知っていても、空き地や道端に咲く黄色の花は、タンポポくらいしか名前を知らない人がほとんどなのではないでしょうか。今回は見たことはあっても名前は知らないニガナをご紹介します。

|どこかで見たことがあるニガナ

出典:https://www.photolibrary.jp/img308/163811_2745008.html

5月から7月にかけて日本全国でみられるのがニガナ。キク科の多年草で草丈は20㎝から50㎝。枝分かれした茎に1.5㎝ほどの花をつけます。花びらが5枚のものがニガナ、7枚から10枚のものをハナニガナといって区別しています。そのほかにも海岸の砂地に生えるハマニガナ、田んぼの畦など湿地に生えるハイニガナなどがあり、言われてみれば見たことがあるという人が多いかもしれません。

|苦味のある白い液が名前の由来

出典:https://www.photolibrary.jp/img160/26145_850506.html

ニガナという名前は、葉や茎に含まれる乳液状の白い液が、苦味を帯びていることに由来しているといわれています。食用にすることもできるようですが、鼻づまりや胃腸の薬として利用されることもあります。沖縄地方で同じくニガナと呼ばれる野菜がありますが、これは全くの別種です。

|同じ名前で別種がいくつも存在

出典:http://www.tousan13.com/?p=6026

また同じくニガナの名前はついていますが、夏から秋にかけて咲くヤマニガナやムラサキニガナといった別種のニガナもあります。ヤマニガナは春のニガナとそっくりの花を咲かせますが、草丈が1m近くに達し、名前の通り山のふもとに咲いています。ムラサキニガナは1㎝ほどの小さな紫色の花をつけます。

|まとめ

同じ名前でも様々な種類が存在するニガナ。野に咲く何気ない花で、雑草として扱われることが多いようですが、よく花を見ると繊細な美しさを感じるものです。ただし繁殖力は旺盛なので、畑などに生えた際には、作物に影響が出ないように駆除した方が無難かもしれません。