お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春の野に咲く黄色の花々①

春の野原に咲く花といえば、一番に思い浮かべるのはタンポポではないでしょうか。 黄色の花の周りをモンシロチョウが飛び交う様子は、暖かな春の光景として誰もが想像できるはずです。 しかしよく考えてみてください。タンポポは春の花のはずなのに1年中見かけているのでは? 「春の野に咲く黄色の花々」と題した5回シリーズ。今回はタンポポについてお送りしていきます。

|在来種は春 外来種は1年中

出典:https://www.photolibrary.jp/img142/40725_664446.html

タンポポはキク科の多年草。世界には400種類ほどがあり、そのうち日本には20種類ほど自生しているといわれています。現在の日本国内でよく見かけるのが、外来種のセイヨウタンポポです。在来種のタンポポの花期は3月から5月に対して、セイヨウタンポポは真冬以外は1年中咲いています。このように春の花のイメージのタンポポが、年中見かけるのは、在来種と外来種の花期の違いにあったのです。

|違いは総苞 ガクを見よ

出典:http://www.nandemo-zukan.net/plant/p_detail.php?plant_id=10359

セイヨウタンポポは明治時代に欧州から日本に入ってきたと言われていますが、それまではタンポポは春にだけ咲いてたのでしょう。 在来種と外来種の見分けがつかないような気がしますが、意外と簡単な方法があります。ポイントは花の裏の部分、総苞(萼の一部)。セイヨウタンポポは総苞が反り返っていますが、日本のタンポポは反り返らず上を向いています。

|繁殖力旺盛な外来種

出典:http://www.nandemo-zukan.net/plant/p_detail.php?plant_id=6177

セイヨウタンポポは繁殖力が強く、都市化が進んだ環境でも育つことができます。道端のアスファルトの隙間に咲くタンポポをよく見かけるのではないでしょうか。他の植物がない場所で、なぜかタンポポだけが元気に咲いているということがあるはずです。一方日本のタンポポは、川の土手やあぜ道、昔からの土がある環境でよく咲いています。

|まとめ

最近の研究で、セイヨウタンポポと日本のタンポポの雑種が生まれ、増加しているということが分かりました。そのため前述した総苞部分の見分け方が通用しない場合もあるようです。しかし在来種であれ外来種であれ、春にタンポポの黄色い花を見ると、心が和むのには変わりありませんね。