お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

まっすぐに伸びたデンドロビュウム

世界のトップレベルを誇る蘭のひとつ、デンドロビュウムはまっすぐ上に生育してたくさんの花をつけ、色も形も姿も変化に富んでいて、香りのよい品種も多く、栽培の楽しみは無限に広がります。

|特徴

デンドロビュウム3

デンドロビュウム3

節のある茎状のバルブをほぼ直立に伸ばして生育します。毎年、数本のバルブを伸ばし、節々に花芽をつけ開花します。耐寒性に富み、株そのものが凍らないかぎり枯死することのない丈夫なランです。園芸店では冬に満開の株が販売されていますが、一般的には開花は春です。

|手入れの仕方

アレンジデンドロビュウム

アレンジデンドロビュウム

花がら摘みはしっかりと行いましょう。花が枯れてきたら、花茎の根元から取らないと、残った花茎の根元から根がでてきて株が弱ります。一度花を付けた茎からは花を咲かすことはありませんが、開花後1年くらいは新芽の生長に必要なので、切らないようにしましょう。

|開花前の環境

デンドロビュウム5

デンドロビュウム5

日当たりのよい場所を好みます。暖かくなって来たら屋外に出してあげましょう。ただし、真夏は葉やけを起こさないように風通しの良い明るい日陰に置きます。そして、晩秋に室内の日当たりのよい場所に移動させます。

|花を長く楽しむポイント!

デンドロビュウム6

デンドロビュウム6


開花した花は高温、乾燥に影響されないような場所などに置くと、条件がよければ2ヶ月以上咲き続ける品種もあります。開花した花を日当りの良い場所に移動すると逆に早く花が終わってしまいます。

|まとめ

プレゼントなどで頂いたデンドロビューム。ラッピングされていることがありますが、水やりを急ぐことはありませんので、しばらくはきれいなラッピングをつけたまま楽しみましょう。しばらく花を楽しんだ後、鉢が乾いて軽くなってきた様であれば、ラッピングをはずして水やりをするといいでしょう。